数ヶ月前からたい焼きが自分の中でプチブームになっていて、お仕事帰りに屋台に寄って食べていたのをきっかけに(今はもう控えておりますが…。)
「そうだ!カフェでパンケーキみたいに、たい焼きが食べられる所あるんじゃないだろうか!」と思い立ちググって見ると、ありました!ありましたさん!(ごめんなさい。)


マルニアトリエカフェってどんなところにあるの?

マルニアトリエカフェは京都五条通り沿いにある、つくるビルというシェアアトリエの2Fにあります。ここはアーティスト、クリエイターさんたちがシェアし合って作品などを展示、実際に販売をしているビルです。

入り口はとてもかわいいカラフルなガーランドが。
壁の横っちょにはたい焼きの置き物!やはりたい焼きが名物なのでしょうか…。
期待と食欲が広がります。入り口はとてもかわいいカラフルなガーランドが。

ではさっそく店内へ入ってみましょう。

お店の中はそこまで人は入れませんが、一人一人の机が独立したディスクになっていて向かい合わせにくっつけられています。
一人一人の机が独立したディスクになっていて向かい合わせにくっつけられています。

一目惚れしてしまったグリーンのソファー。あらゆるところにハンドメイドの展示告知やイベントのDMが置かれていてとても賑やかです。一目惚れしてしまったグリーンのソファー。あらゆるところにハンドメイドの展示告知やイベントのDMが置かれていてとても賑やかです。

お店に着いたときにはもうすでに満席で、壁側にお一人様専用で置かれていた机へ案内されました。各椅子にはブランケットが掛けられていました。お店に着いたときにはもうすでに満席で、壁側にお一人様専用で置かれていた机へ案内されました。各椅子にはブランケットが掛けられていました。

シンプルな1枚もののメニュー。
メニューの内容もシンプルですが、人気所が勢揃い。メニューの内容もシンプルですが、人気所が勢揃い。

とりあえず定番のオムライスを注文。お味噌汁とたっぷりのサラダがついてきました。
お味噌汁の味が一風変わっていて、どちらかというと甘い、まろやかなお味でした。
白味噌とかかなぁ…。(湯気がめちゃ写ってますが加工ではございません。)お味噌汁の味が一風変わっていて、どちらかというと甘い、まろやかなお味でした。

こちらは日替わりランチ。トマトカレーつけ麺と冷しゃぶサラダのセットです。
こちらトマトカレー、冷たいんです。
最初の一口が驚きでしたが、とても美味しい!しかも麺ととっても相性がいいんです!(湯気がめちゃ写ってますが加工ではございません。)こちらは日替わりランチ。トマトカレーつけ麺と冷しゃぶサラダのセットです。

たい焼きまでの道のりは甘くない!

たい焼きメニューは14時から開始みたいなので、自家製レモンスカッシュを飲みながら少し待たせて頂きました。たい焼きメニューは14時から開始みたいなので、自家製レモンスカッシュを飲みながら少し待たせて頂きました。

暇なので店内をうろちょろ。
カフェと繋がっているお隣のアトリエさんを覗いてきました。

3Dプリンタやレザーカッターでものづくりをしているクリエイターさんのお店みたいです。「sacsac」さんfacebook暇なので店内をうろちょろ。

スフィンクスだって、ちょちょいのちょい。7 03

マルニアトリエカフェのたい焼き、どどん!

いつのまにやら14時近くになっていたのでたい焼きを注文しました。
種類は2種類あって、一つはスタンダードな「マルニたい焼き」(250円)
北海道の小豆を使用した自家製あんこらしいです。いくらかお金を積めばアイストッピングなんかもしてくれるみたいですよ♪
もう一つは「マルニ抹茶たい焼き」(300円)その名の通り抹茶味なんだと思います。

クリームとバター添え!周りの皮までついていて、とってもボリューミーです。マルニたい焼き

たい焼きの中身
あんこがこぼれ落ちんばかりにぎっしり詰まっていて濃厚です。表面はカリッカリ!マルニたい焼き

たい焼きメインで行ってきましたが、実はランチのほうが印象的でした(笑)お味噌汁の甘い味、卵のふんわり感がとてもほっこりできました。

定番メニューももちろん美味しいのですが、私は日替わりをおすすめしたいです。
毎日ではないようですがfacebookで日替わりメニューの内容が紹介されているようです。

つくるビルさんのアトリエ入居者も今も募集されているそうなので(2014年4月18日現在)ご興味のある方はチェックしてみると良いかもしれません♪

マルニアトリエカフェ

住所 京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地
電話番号 070-5266-9511
営業時間 11:30〜19:00 (L.O. 18:00)(定休日:火曜日+不定休)
URL マルニアトリエカフェFACEBOOK