だいぶ遅くなりましたが、直島の後編です。時系列ではなく場所毎にサクっとまとめました。今回は日帰りでの滞在だったので、見所を何点かに押さえて周っています。朝1から訪れましたが夜ギリギリの船でも時間が足りないぐらいだったので、直島堪能したい!って方は泊まっていかれることをおすすめします。

草間彌生の赤かぼちゃと南瓜

直島と聞くと一番に連想されるシンボルではないでしょうか。草間さんの赤かぼちゃ。
赤血球みたいな銀色の椅子の向こう側にデカデカと立っていました。
6

中はもちろん入れます。朝訪れた時は電気がついてませんでしたが夕方訪れた時は地面にこんな感じで光っていました。
7

ポップなデザイン。単体で見ると異様な感じがするのに、島全体で見るとすごく馴染んでいる印象でした。中から外を眺めると景色が丸く切り取られたように見えます。
8

岡山直島間を結ぶ宮浦港に赤かぼちゃがある為、とても人が多いです。もし写真を撮りたい!と訪れる場合は早めの朝を狙ってください。9時頃までなら人は少なめだと思います。

一方こちらは南瓜(黄色いかぼちゃのほうです。)
パオというテントやコテージがある宿泊施設「つつじ荘」の近くにあります。海沿いを歩いて行けば到着です。
9

少し高台になっている所の先端にあるため人が多く並んでいてみんな順番に写真を撮っていました。少し離れて見るとそういう光景もなんだかアートです。
10

赤かぼちゃよりもドット柄が激しいですね。この時は若干曇っていましたが青い海と空がとても似合っています。こちらは中には入れないです。(笑)
11

直島お土産はこの南瓜をモチーフにしたグッズが沢山あります。特にストラップが可愛くて狙っていたのですが、な…なかった。
次訪れるときは買えたらなぁ。ストラップつけないけど。

島の町家とアートのコラボ、家プロジェクト

家プロジェクトとは実際に昔使われていた空き家を改修しアートとして復活させた建物「角屋」「南寺」「きんざ」「護王神社」「石橋」「碁会所」「はいしゃ」7軒のことを指します。
こちらも撮影が禁止されていて、唯一「護王神社」だけが大丈夫でした。町家を改修している建物が多いため外からの見た目ではわかりづらいと思います。

ぽちゃぽちゃの手でどうも失礼します。家プロジェクトはチケット制です。フリーパス的なものがこちら。(「きんざ」は別料金が必要です。)
21

家プロジェクトの言わばインフォメーションセンター「本村ラウンジ&アーカイブ」中にはチケットやお土産が売っています。
22

瀬戸の塩からカラフルクレヨン、書籍まで。どれもデザイン性が高いです。
23

家から家へ、歩いている途中でも色んなものに出会えます。CATcafeにゃおしま…猫カフェでしょうか。気になります。
24

護王神社はこちら。鳥居さんをくぐれば少し上り坂な階段が続いています。25

護王神社の本殿。獅子舞さんの足にひもを結んでお祈りすると効果があるそうです。家プロジェクトの1つということだけあってこれで終わりません。26

護王神社は本殿と石室が、このクリアな透明の階段で繋がっていて、地下の暗い鍾乳洞みたいな所にも懐中電灯を灯して行くことが出来ます。(懐中電灯は近くでスタッフさんが渡してくれます。)とても狭い壁と壁の隙間を抜ければ石室へ。外へ出る時の風景がなんとも…、遠くで見える光はまさに希望の光ですね。(まがおです。)
27

家プロジェクトの中でも一番インパクトが強かった「はいしゃ」さん。文字通り歯医者さんを改修した建物なのですがその面影がない…。(笑)外観でもこのインパクトですが中は凄まじい!謎の空間があったり自由の女神が立っていたり。
28

家プロジェクト、場所によっては人がいっぱいで整理券を配っていたりするのでサイトやチケット売り場(本村ラウンジ&アーカイブ)に問い合わせしてみてください。

本村ラウンジ&アーカイブ | 家プロジェクト | ベネッセアートサイト直島

直島銭湯「I♡湯」の朝と夜

直島銭湯は宮浦港(岡山直島間を結ぶ玄関口)から歩いて15分の場所にあります。なので車は港にある1日200円の駐車場に置いて歩いて行くのがスムーズです。12

上部、屋根のあたりまで抜かりなくアートです。トロピカルな草花とレトロでポップな建物の融合が独特な雰囲気を出している直島銭湯。13

タイルのデザインも鮮やかです。
「ゆ」の看板の所にはセクシーなお姉さんが…。夜になるとお姉さん光ります。14

この時はまだ開店前だったので扉が閉まっていましたが窓から見えるグッズがとても気になります。15

はい、お姉さん光りました。グラマラスです。16

雰囲気的には夜の方が素敵かもしれません。こんな色っぽい銭湯は多分ここぐらい。17

開店前詳しく見れなかったグッズはこんな感じです。タオル、歯ブラシを始め蛍光パンツにステッカー、直島銭湯写真集なんかがありました。(笑)18

せっかくなのでI♡湯に入ってきました。
銭湯の中の造り(女風呂の場合)は両端に洗い場があり真ん中に大きな浴槽というとてもシンプルな造りです。ただとてもオシャレです。白いタイルの浴槽の湯船の底には色んなテイストの写真やイラストがスクラップされていて見ていて飽きません。また、洗い場の「お湯を出す時に押す丸い所」が、とっても可愛いので(実際見てみてください!)訪れた時のお楽しみに♡

お風呂上がりの一杯も置いてあります。ノンアルですが、森永珈琲と塩サイダー。塩サイダーは、ほんのり塩…?って感じです。
可愛いペンギンが見守っている池には小さめの鯉がうにょうにょ。19

ばいばい、直島!

帰り際、直島銭湯の隣にあるバーがとても楽しそうでした。夜風に当たりながら晩ご飯気持ちよさそうだったので次回訪れた時は泊まりで夜もゆっくりしたいです。

おまけの夕日。海沿いに落ちなかった…。(笑)
20