11月2日、万博記念公園で行なわれたロハスフェスタへ行ってきました。
天気が悪い中、ほとんどの時間曇りでとどまってくれたので無事楽しむことができました。
来場者もそこまで多くなく、ゆっくりお店を見て回れましたよ。


前回のロハスフェスタで学んだこと

今回でロハスフェスタ2回目の参加でした。前回初めてということもあり、わからないことがたくさん!

(そういえば、くまもんが来てました。)
01.jpg

前回は車で行きましたが、駐車場を探すのに時間がかかるし、そもそも休日で道が混雑。ということで今回は電車で行きました。
最寄りの駅から南茨木下車(阪急)、そこからモノレールに乗り換えて万博記念公園まで。だいたい15分ぐらいで着くのでめちゃくちゃ早いです!
今度からも無理に車で行かず電車を利用しようと思います。
ちなみに会場は万博記念公園下車するよりも公園東口駅で降りた方が近いです。

また、食べる時に使うお皿・コップは各自持参しておいたほうが良いです。ない場合も買うことはできますが、+100円になったりします。エコロジーなイベントなので、せめてこういう時だけでもゴミを出さない心がけをしたいです。

秋のロハスフェスタは温かい食べ物がおいしい!

11月初めとは言え、風が冷たくて少し寒かったです。
冷たいアイスのお店よりはスープのお店、ホット珈琲のお店に人気がある印象でした。「シチュー屋さん」の屋台なんかもありましたよ!

今回は沖縄料理の屋台に行きました。
「いちゃりばちょうで」とは、一度会ったら皆兄弟という意味だそうです。
02.jpg

食べたものはポークおにぎりと八重山そば。ソーセージも美味しそうだった…。
03.jpg

ジンジャーエールとハートランドビール。お肉にしゅわしゅわ飲み物は欠かせません!
04.jpg

個性的で他にはないような雑貨のお店

森の人工房 Orang de Utanさんの手作りスタンプ。
ドアから覗いてる動物シリーズは、ゆるい感じが手作りならでは。
05.jpg

カメラを持つブルドッグの表情が何とも言えないぐらい可愛い!
06.jpg

色んな種類の多肉植物や苔のお店もありました。
机にちょこんと緑のものを置くだけで、雰囲気って変わるんですよね。
07.jpg

こちら思わず二度見してしまった、小さいロボットが並べられたカラフルな世界!
08.jpg

お庭があれば、こんな風にベンチに飾ってみたいです。
09.jpg

色々お店を見て回っていたところ、偶然にもあの”うわさの高槻市マスコットキャラクター”ハニタンに遭遇。ハニタンの限定グッズが販売されていました。
確か、クリアファイル・ウェットティッシュ・歯磨き粉がついて500円。
10.jpg

万博記念公園の周りを走っていたモノレールの車体にも、ハニタンが全面に書かれている「ちゅーちゅーハニタン号」が走っていたので、高槻市さんすごく力入れてるんだなぁと思いました。

さいごに

今回はロハスフェスタ速報スタッフをやりながらの参加だったので、1日中あたふたしておりましたが、あんなにもお店の人とお話するような機会ってなかなか無くて、貴重な経験が出来てよかったです。

おまけ。薄暗くなると目から光線を放っていた、何ともこわい「太陽の塔」。
11.jpg

第22回ロハスフェスタ

開催日 2014年11月1日(土)・2日(日)・3日(月)
9:30~16:30(入場は16:00まで)
開催場所 万博記念公園
住 所 大阪府吹田市千里万博公園1−1
料 金 300円(小学生以下無料)
※別途公園入園料(大人250円・小中学生70円)必要
URL 第22回ロハスフェスタ in 万博公園