迪化街にあるアジアンレトロでオシャレなカフェ「窩窩wooo」に行ってきた

台北の有名な問屋街といえば「迪化街」。レトロなお店が立ち並び「漢方、カラスミが売っている街」というイメージがあって、実は一度も訪れていませんでした。
行ってみると、イメージと違って楽しい!

今回はそんな迪化街にあるオシャレなカフェに訪れてきました。

「窩窩wooo」カフェは、隅々までオシャレでフォトジェニック

迪化街の中心部から北に歩いて10分ほどの場所に位置する「窩窩wooo」。
訪れる前から、台湾の方のブログを見て、ここは必ず行きたい!とチェックしていました。

台湾の雰囲気なのに、どこか京都の町家を連想するような内装で、京都在住の私にはとても魅力的に感じたのです。

Img05

Img02

窓には、山とお日様。日本の富士山みたいで親しみが湧く。

Img03

Img13

Img06

中はレトログリーンで統一され、重厚感のある家具が味を出していました。
この振り子時計も、昔おばあちゃんの家にあったことを思い出して、とても懐かしい気持ちになりました。

Img12

「窩窩」ってどう意味だろうって調べたら「鳥獣の住みか」らしいです。
だから「窩窩」の文字の下に、けものっぽい絵が描かれているんですね。(ちょっとわかりづらいかも)

ブルーベリーヨーグルト トーストが美味しかった!

Img10

このとき注文したのは「乳酪果占多士130元(ブルーベリーヨーグルトトースト)と拿鐵咖啡160元(アイスカフェラテ)」。

Img07

最初、店員さんが持ってこられたとき「アイスですか?」と聞いてしまいました(恥)。
ホットっぽい器ですが、アイスなんです。
小さく見えますが、これがかなりの量入っていて、お得感。暑い日なんて特にがぶ飲みしちゃいますもんね。嬉しいです。

Img09

こちらは乳酪果占多士(ブルーベリーヨーグルトトースト)。
「乳酪果占多士」ってgoogle先生で訳すと「チーズフルーツトースト」だったけど、味はブルーベリーヨーグルトだったので、自分の舌を信じます。(中国語難しいよー!)

程よい甘さとフルーティーな味わいが、カフェにあいました。
軽食というよりはスイーツに近い感じです。美味しかったですよ〜!

ちょっと高いかもしれないけど、たまには贅沢もいいかな

カフェとトースト、合わせて300元ぐらいだったので(日本円で1200円ぐらい)ちょっと高く感じました。
でも店内の雰囲気や、カフェとトーストの美味しさを楽しめたので充分行く価値はありだなぁと思います。

迪化街に来て、オシャレなカフェに入りたくなったら是非「窩窩wooo」に訪れてみて下さいね。

「窩窩wooo」

住 所 No. 404號, Minsheng West Road, Datong District, Taipei City, 台湾 103
電話番号 +886 2 2555 2056
営業時間 12:00~21:30
URL 窩窩wooo | Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です